玄米酵素

先輩社員にインタビュー

会社を支えるのは社員一人ひとり。全ての人財が、会社の財産です。

さまざまな部門で活躍する、先輩社員をご紹介します。

講師兼営業【取扱店サポート・コンサルティング/セミナー企画・運営/講師】

仙台営業所 地区担当

加藤 太紀

(2013年入社)

加藤 太紀

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
お客様から感謝されたとき、この仕事にやりがいを感じます。年間100回以上、お客様に正しい食生活についてお話ししています。
お客様がどんなことに興味を持っていて、どんな話を聞きたいか、お客様のご要望をしっかりと聞き取り、それに合わせたお話をするように心がけています。
私のアドバイスを実践された方から喜びの声をいただいたとき、人のお役に立てたと実感し、やりがいを感じます。
(株)玄米酵素を選んだ理由
日本の伝統食の素晴らしさを教え広める仕事に魅力を感じました。私自身も大学生のときに不規則な食生活を送り、体調が優れないときがありましたが、就職活動で(株)玄米酵素に出会い、正しい食生活(日本食)を実践することで体調が改善されました。
食事を変えたら身体ってこんなにも変わるということを、身をもって体感し、一人でも多くの方に日本食の大切さについて伝えたいと思い入社を決意しました。

大阪営業所 地区担当

小野田 将太

(2013年入社)

小野田 将太

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
健康は誰にとっても1番重要なものだと思います。その健康を支えるのは、毎日の“食”です。自分の健康講座を聞いて食改善を行い、健康を取り戻したというお声を聞くことが1番嬉しい時です。
また、玄米酵素は老若男女問わず安心して食べられるものなので、家族の健康に繋がります。自分の家族が玄米酵素で健康になったことも、この会社に入って嬉しかったことです。
(株)玄米酵素を選んだ理由
元々健康に興味があり、就職活動では健康食品や健康器具などを中心に回りました。どの会社の商品も素晴らしかったですが、玄米酵素だけは『商品の前に毎日の“食”が大切』という考え方を持っていました。
商品だけではなく、学校講演なども行いながら“食”の大切さを訴えているところに他の会社にない魅力を感じました。

東京営業所 地区担当

和田 幸大

(2012年入社)

和田 幸大

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
私は幼いころ病弱でアレルギー体質ということもあり、とても苦労した経験がありました。健康で悩まれている方に、私がどのようにして健康になったか、食事改善をどのようにしたのかをお話したら、とても喜ばれました。
自分と同じ悩みで苦しんでいる方が、自分の知識、経験によって少しでも健康に、幸せになってくれることはとても嬉しいことだと感じています。
(株)玄米酵素を選んだ理由
食アドバイザーという仕事に強い関心を持ちました。大学で栄養学や食品添加物を学び、食育に関する仕事に就きたいと思っていました。
就職活動を始めると、「食育」に関する仕事が少ないことにびっくりしたのを覚えています。そんな時に(株)玄米酵素の会社説明会に参加し、まさに私がやりたかったことだと感じ、第一志望にしようと決意しました。

名古屋営業所 地区担当 主任

水見 聡太

(2009年入社)

水見 聡太

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
この仕事は自分で食育の話をする事も多く、聞いて下さっていたお客様から「聞いた通りに食事を変えたら最近調子が良いんだよね」なんて言って頂ける事があります。
医師免許も薬剤師の資格もない私ですが、人を元氣にするお役に立てるのはとても嬉しいです。
(株)玄米酵素を選んだ理由
学生時代、某大手食品メーカーからも内定をいただいており、どちらにしようか本当に悩みました。最終的には大企業の安定よりも中小企業で様々な役目をさせていただく方が豊かな人生と思えるのではないか。
また、会社はまだまだ大きくはないけれど、これからの時代に必要な会社だと強く感じた事。さらに自分がこれから扱う食品でどちらを大切な家族に食べさせたいかが決め手でした。

東京営業所 地区担当 主任 管理栄養士

赤川 誠

(2008年入社)

赤川 誠

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
入社1年目の暑い夏の日に、体調を崩したお客様とお会いしました。お医者さんからも見離されるような状態でしたが、食事改善を中心とした生活習慣の見直しで元気になられ、飛行機にも乗ることができるようになりました。食の持つ力を改めて実感するとともに、人のお役に立てることの幸せを感じました。
(株)玄米酵素を選んだ理由
私は、身内の病気がきっかけで食と健康に関心を非常に持ち、栄養士を取得しました。
就職活動する中で、弊社の健康補助食品を通じて健康づくりができること、学校や企業への食育活動にも力を入れていることを知り、社会貢献もできる良い会社だと感じ、入社を決意しました。

名古屋営業所 地区担当 主任

谷口 祐一

(2006年入社)

谷口 祐一

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
自身の主な仕事は担当地区の販売店のサポートです。販売店の皆さんはそれぞれ職種が違いますので一緒に普及活動を考え上手くいったり、販売店の方と一緒にお客様の相談にのりお役に立てた時などやりがいを感じます。特に健康面で喜んでいただけた時が1番嬉しいです。
(株)玄米酵素を選んだ理由
就職活動中に偶然知りました。説明を聞く中で食生活の重要性を感じました。それまでは食べたい時に食べたい物を食べるという感じで、最初に思ったのは食の勉強をすることは「自分のためになりそう」と思ったからです。
社会人になって12年が経ちますが、もし違う会社に入っていたら健康面では違う人生を歩んでいたのではないかと思っています。お客様だけではなく、自分や家族の健康も守れる仕事だと思います。

大阪営業所 地区担当 課長

澤井 徹

(2002年入社)

澤井 徹

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
食事改善の大切さをお伝えし、話を聞いて下さった方、そのご家族の食生活が改善され、健康をお届けでき喜んで頂けることが最も嬉しいことですね。商品を販売するのでなく、食事改善の大切さを多くの方に伝え健康社会の実現に向けて取り組むことが仕事になっている、この点が最もやりがいを感じるところです。
(株)玄米酵素を選んだ理由
弊社は農業から医療まで、トータルに健康をサポートできる企業を目指しています。健康作りの基本は「食の安心・安全」と考えており、安心で安全な農産物、お料理、健康補助食品など様々なジャンルの食に関わるものを作っているところに魅力を感じました。

東京営業所 地区担当 課長

千葉 俊広

(1996年入社)

千葉 俊広

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
ある時、お客様から「いつも楽しそうに仕事をしているね」と言われました。仕事が立て込んでいたり、疲れがたまっていたり、しんどい日もあるのですが、それ以上に「今日はどんな人に会えるのかな」、「どんな話をしたら食事改善にチャレンジしてくれるかな」と考えて、ワクワクしている自分がいます。「自分の仕事で世の中がよくなる」と実感できる会社で働けることは最高の幸せです。
(株)玄米酵素を選んだ理由
食べることが好きなので食品会社に行きたい、と思って就職活動をしている時に偶然見つけました。面接で興味があることを聞かれ、「変わったものが好き」と答えると、「玄米酵素は日本に1つしかない仕事だよ」と言われました。「日本で1つしかない仕事って何だろう?」と自分の目で確かめてみたいと思い入社しました。偶然見つけた玄米酵素に入社できたことが、これまでの人生で一番ラッキーだったと公言しています。

名古屋営業所 所長

畠中 雅規

(1999年入社)

畠中 雅規

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
この仕事のやりがいを一言で言うと、「お客様に感謝される」です。もちろん、お客様に感謝される仕事や会社は、多々あります。ただ、弊社とのご縁を通じて、健康という幸せを取り戻した方からの感謝は、言葉に表せないほどです。中には、涙を流しながら感謝の言葉を伝えて下さる方もいらっしゃいます。このお客様からの感謝が、日々の仕事の大きな励みになります!
(株)玄米酵素を選んだ理由
父親が医薬品関係の仕事をしていたこともあり、元々、健康には関心がありました。就職活動をしていた20代前半の頃はいたって元氣で、健康不安など全く感じていませんでした。しかし今後、年をとるにつれ、徐々に不安を感じるようになるだろうなぁ~とも、同時に思っていました。そんな時に、「食改善で真の健康をお届けする」という言葉が書かれた弊社の会社案内を見つけました。この言葉に引かれ、弊社を選びました。

西日本統括本部長 大阪営業所・松山営業所 所長

上岡 力也

(1997年入社)

上岡 力也

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
一度きりの人生、どうせやるなら世の中のお役に立つ仕事、人に貢献できる仕事をやりたいと思いませんか?それを本気で目指せるのが私たちの仕事です。毎日がやりがいであり、生きがいです。だから、多少の苦手な仕事や辛い出来事も乗り越えることができます。一緒に世界一良い会社、誇れる会社を作りませんか!
(株)玄米酵素を選んだ理由
地味だけど、ポリシーがかっこいい会社。世の中に無くてはならない会社。人なら地位や能力より人柄が大事。会社なら規模やメジャー度より社柄、社風が大事だと思います。「先義後利」「義を明らかにして、利を図らず」。本気で世の救いとならんことを目指すこの会社は、私の誇りです!

料理教室【料理教室の運営・講師】

エコロクッキングスクール 管理栄養士

八島 光子

(2017年入社)

八島 光子

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
クッキングスクールに通う生徒の方の「美味しかった。」の一言が一番の活力になります。生徒の方の笑顔や、食生活が変わったなどのお言葉をいただくと、改めて料理の楽しさ・健康の素晴らしさを感じるとともに、もっといろいろな健康の情報や美味しい料理を届けようとやる気が出ます。
(株)玄米酵素を選んだ理由
入社前にクッキングスクール主催の教室に参加し、大きな感動を覚えました。様々な食品や健康に関する情報があふれる中で、「食改善で真の健康をお届けする」という理念に共感し、日本人の身体にあった正しい食生活とは何か、そして何より健康と食事の大切さを多くの人に伝えていきたいと強く思い、玄米酵素を選びました。玄米酵素と出会ってから食生活も改善され自身の健康の悩みも改善されました。

エコロクッキングスクール 管理栄養士

伊藤 彩

(2012年入社)

伊藤 彩

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
今までで一番嬉しかったことは料理教室の講師を担当した時に、授業が終わって1人の女性が近付いてきて、「講義も勉強になったし美味しいご飯をみんなで作って食べて、笑顔になれて久しぶりに楽しかった。また先生に会いたいな。」と言われたことがありました。この言葉を聞いたときに、食事は身体だけでなく、心も元気にしてくれるなと強く実感しました。
(株)玄米酵素を選んだ理由
就職活動中、管理栄養士として私は「何がしたいのだろう」と悩み苦しんでいたときに出会ったのが玄米酵素でした。会社説明会で、創業者の岩崎の話を聞き「食・健康」に真剣に真摯に向き合う強い思いを感じて、私は「食事で人を元気に笑顔にする仕事がしたい!」と自分自身の思いに気付くことができました。また、働く社員の人柄の温かさも大きかったなと思います。

エコロクッキングスクール 主任 栄養士

柴崎 富子

(1995年入社)

柴崎 富子

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
受講して頂いた生徒さんの表情が回を重ねるごとに軟らかい表情になり明るくなる事や習った料理を実践して頂いたことを伺うとお役に立て良かったと感じます。そして、数ある料理教室の中からお母様が受講後にお嬢さんやお嫁さん、お孫さんが参加して下さったことはとても嬉しい事でした。
(株)玄米酵素を選んだ理由
学生時代に調理実習の助手の仕事に興味があり弊社にクッキングスクールを開校するにあたり栄養士を募集している事を伯母を通じて知り応募しました。そして食改善で真の健康をお届けする理念に共感し、その実践する食事内容が穀物菜食中心で野菜好きの私にぴったりだった為です。その野菜の取り方など自然に沿った考えがとてもシンプルで解りやすく他の方にも知っていただきたいと思い弊社を希望しました。

事務【企画・総務・広報など】

事業推進部 広報・Web通販担当 主任 管理栄養士

内糸 恵理

(2011年入社)

内糸 恵理

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
ホームページ・SNSの運営、レシピメルマガの発信、広報活動、お客様フォローなどを行っています。
お客様の立場になって考え、どんな情報をどのように発信するかを考えることに面白さを感じます。
また、自分のアイデアを形にできるので、とてもやりがいのある仕事です。「玄米酵素に出会って元気になった」「健康になった」などといった「ありがとうの声」を聞くときが、仕事をしていて一番嬉しいです。本当に良いサービスと商品をお届けしているという誇りを持って仕事をしています。
(株)玄米酵素を選んだ理由
就職活動では「一次予防」「食育」というキーワードで栄養に携われる仕事を探していました。そんな中、弊社の企業理念に興味を持ち、会社説明会に参加。
当時の社長(創業者・岩崎輝明)の話を聞き、強い信念に感動し、私のやりたいことはまさにこれだ!と確信しました。
またエントリーシートや面接で話すことはどの企業も言い回しがきくのに対し、この会社は他とは違ったオンリーワン企業だったことも決め手の一つです。

本社 経理部 主任

田中 智也

(2006年入社)

田中 智也

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
私は、勤続11年目になりますが、お客様は10年20年30年とずっとうちの商品を愛食されている方がたくさんいらっしゃいます。
なぜかいつも私が電話を受けるお客様もいます。世間話をするお客様もいます。会社とお客様の距離が近いのがうちの特徴です。「北海道は大雪大丈夫?」とか「丁寧に色々教えてくれて、ありがとう」と言われる度に、やさしいお客様に囲まれているなと思い、幸せな気持ちになります。
また、社員の皆さんもとても優しく、おかげさまでこんなに長く働かせていただいています。私も同じように仲間に優しくすることを心がけています。

事業推進部 広報・Web通販担当 課長

日置 菜美

(1996年入社)

日置 菜美

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
オンラインショップの運営、サイト管理、ブログやSNSの運営、広報活動など、さまざまな業務を担当しています。
正しい情報を発信すること、お客様のお役に立つ情報を発信することが求められるため責任も大きいのですが、アイデアをどんどん形にできることにとてもやりがいを感じます。
またできあがったWEBページやツールは、まるで我が子のようにかわいいと思ってしまいます。また、普段はお客様とお会いしたり、お電話でお話ししたりすることが少ないのですが、たまにお話しする機会があると、「こんな方々が玄米酵素を愛食してくださっているんだ!」 と実感し、お客様との 繋がりを感じられてとても嬉しいです。

本社 業務企画部 課長

三上 義紀

(1990年入社)

三上 義紀

やりがいを感じる時、嬉しかったことなど
イベントやキャンペーンの準備・運営、販促ツールの作成等の仕事は、様々な業務の積み重ねなので、多岐に渡って知識や経験を得ることができますし、何よりも営業部門等からのアイデア、要望を形にして、営業活動を支援ができるのが魅力です。

もちろん、効果的、効率的なアウトプットをしなければなりませんので、責任は重大ですが、 やりがいや成功したときの達成感がありますね。

採用recruit

採用TOP

採用

エントリーはこちら

現在、募集しておりません。

新卒採用

リクナビ2019

中途採用

saiyo@genmaikoso.co.jp
(採用担当:西田)