玄米酵素

安心安全へのこだわり

安心安全へのこだわり

私たちは、「原料」を作る農家、商品を「製造」する工場、品質を管理する倉庫など、全てにおいて厳重な検査、管理を行っております。お客様が健康な毎日を送るため、「安心・安全・高品質」な商品をお届けします。

北海道の自社工場

玄米酵素は北海道の自社工場で生産しています。

より安全で優れた製品を生み出すため、札幌から車で50分程の当別町(石狩郡)に、昭和60(1985)年、生産工場と中央研究所を設立しました。平成12(2000)年には国際的な品質管理・品質保証規格「ISO9001」の認証を、平成27(2015)年には「北海道HACCP」を取得。厳しい品質管理のもとで製品がつくられています。

北海道の大自然に囲まれた当別町にある玄米酵素の生産工場では、皆さまのお手元に高品質の商品をお届けするため、スタッフが愛と心を込めて商品を作っています。

お手元の商品を見て、私たちを思い出していただけたら幸いです。

玄米酵素 生産工場の紹介

原料の安心・安全

玄米酵素の原料は全て食べもの。製造においても、防腐剤・保存料・着色料等は使用していません。

残留農薬のチェックを行い、安全性を確認しています。

玄米と大豆は収穫後圃場ごとに、胚芽・表皮は年に4回、それぞれポジティブリス制度に基づいた残留農薬の検査(検査機関:環境研究センター)をしています。さらに、胚芽・表皮および大豆は、入荷時に社内で残留農薬の簡易検査を実施しています。

検査結果はこちら

放射能のチェックを行い、安全性を確認しています。

全ての原材料の受入れ時に、社内検査を実施しています。
玄米、大豆、胚芽・表皮をはじめ、工場に入荷する全ての原料の放射線量は、原料入荷のたびに社内の放射線測定器で測定しています。さらに最終製品についても、出荷前に社内の放射線測定器で測定しています。
公的機関「日本食品分析センター」での検査を実施しています。
契約栽培している、玄米・大豆・霊芝等は、収穫時に日本食品分析センターで分析しています。 胚芽・表皮については、毎月一度、日本食品分析センターで分析して安全性を確認しています。

詳しくはこちら

玄米や大豆は、北海道の契約農家さんが生産します

早川仁史さん

早川仁史さん
『安全・安心』を求め、「ああ、美味しかったね」、と言っていただけるお米づくりに頑張っています。

熊崎隆久さん

熊崎隆久さん
自然豊かな北海道新篠津村で安心・安全な栽培に力を入れています。

佐藤さんご夫妻

佐藤さんご夫妻
寒暖差の大きい足寄町大誉地で生まれた大豆です。私たち家族が育てる『自然の力』でたくましく育った北の豆です。

宮本敏治さん

宮本敏治さん
北海道の大地の恵みがいっぱい詰まった「おいしい」お米を皆様にお届けできるよう日々努力しています。

品質の保証

ISO9001

国際的な品質管理規格「ISO9001」の認証を取得
厳正な審査をパスし、認証を受け、定期的に外部・内部監査を行っています。

HACCP

「北海道HACCP(ハサップ)」の認証を取得
北海道が認証した食品製造の衛生管理の仕組み。玄米酵素製品「ハイ・ゲンキ プレーン、スピルリナ、霊芝、グルカン、ビフィズス、花粉、玄米酵素プレーン、スピルリナ、霊芝」(自主衛生管理認証 第01-00101号)、元氣大豆21(自主衛生管理認証 第01-00082号)で北海道HACCPの認証を受けています。

JHFA

植物発酵食品部門で初の「JHFA認定マーク」を取得
昭和63(1988)年、玄米酵素スピルリナが、公益社団法人日本健康・栄養食品協会の植物発酵食品部門で初の「JHFA認定マーク」を受けました。

道産原料

道産食品登録マークを取得
元氣大豆21は、北海道産の原材料を道内で製造した食品にのみ使用を認められている道産食品登録マークの表示を取得しています。

環境への取り組み

  • 原料ロスゼロを目指しています
    農家の皆さんが心を込めて作ったお米や大豆、それらを無駄なく100%使い切ることを目標に製造しています。
    それでも製造過程ででてしまう廃棄原料は、委託農家さんに肥料として使っていただいております。今後も原料を全て商品化できるよう創意工夫を続け、利用率100%を目指します!
  • 排水も活用しています
    機械を洗浄した際に出る排水は、浄化槽で微生物の力を使い、環境に適した透明な状態になるよう分解処理します。また、浄化槽で出た汚泥は、微生物の力を使って分解し、資源業者を通じて再利用しています。
  • リサイクルに取り組んでいます
    原料が入っていたビニール袋から、劣化した配管設備まで、廃棄物を再資源化するため、分別を徹底しています。

限り無き品質向上への挑戦

道見重信
株式会社コーケン(玄米酵素グループ) 代表取締役社長

工場は大きく分けて2つの大きなテーマのもと日々努力しております。1つ目は研究開発、品質管理であります。玄米酵素の各大学における研究に関しての事前研究また共同研究、そして製品開発研究を行っています。2つ目は、玄米酵素商品のさらなる品質向上と品質安定のための生産工程、生産プラントの開発改良であります。
これからも、安定した品質のもと、愛食者の皆さまの正しい食生活の大きな支えとしてお役に立つことを願い、誇りと自信を持ち、真心を込めて、社員一丸となって努力してまいります。

薬学博士

池川繁男
研究開発室 顧問 (元近畿大学薬学部教授)

玄米酵素の有効成分を正確に把握する研究をしています。お客様に信頼して頂ける情報を発信していきます。

医学博士

根本英幸
研究開発室 研究開発グループ 主幹(徳島大学大学院 医科学教育部修了)

全国の大学と連携して、玄米酵素の何が良いのか?なぜ良いのか?を、多角的に研究しています。

工学博士

藤田仁
品質管理担当(研究開発室 室長)

麹菌の研究が専門です。品質管理上、万にひとつでもトラブルが起こらないよう、常にレベルの高い検査を実施しています。