玄米酵素

玄米、胚芽・表皮(米ぬか)を麹菌で発酵させると、健康成分フェルラ酸が14倍に!
2018年7月3日

 玄米、胚芽・表皮(米ぬか)を麹菌で発酵させると、健康成分フェルラ酸が14倍に!

玄米酵素の学術研究レポート

【監修】医学博士 根本 英幸

玄米酵素 中央研究所

「加齢による衰えが気になる」「若々しさをキープしたい」、そんな方から注目の成分【フェルラ酸】。
玄米、胚芽・表皮(米ぬか)を麹菌で発酵させることにより、フェルラ酸が増えることが東京理科大学との共同研究でわかりました。



-目次-
1. フェルラ酸って何?
2. 発酵によりフェルラ酸が14倍に
3. フェルラ酸を自然な形でとるには?
4. 麹菌による発酵でフェルラ酸以外の栄養価もアップ!
 4-1 発酵により美容に嬉しい成分「コウジ酸」が生まれる
 4-2 発酵により吸収しやすい遊離型ビタミンB群が増加する
 4-3 発酵によりペプチド、アミノ酸、コウジ酸が増加する




1. フェルラ酸って何?


フェルラ酸は、植物の細胞壁などに含まれる成分で、植物性化学物質ファイトケミカルの一種。健康成分として知られています。また、化粧品原料としても広く利用されています。

玄米や米ぬか、小麦のフスマなどに多く含まれていますが、白米にはわずかしか含まれていません。



2. 発酵によりフェルラ酸が14倍に


玄米、胚芽・表皮(米ぬか)に含まれる健康成分として有名な“フェルラ酸”。玄米、胚芽・表皮(米ぬか)を麹菌で発酵させると、フェルラ酸が約14倍と大幅に増えていることがわかりました。さらにフェルラ酸だけでなく、フェルラ酸と似た構造の健康成分(シナピン酸、カフェ酸など)も、発酵により増加していることが分かりました。(東京理科大学 薬学部 東達也教授の研究)

※Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis」142号(2017年)より




3. フェルラ酸を自然な形でとるには?


フェルラ酸は、高齢者向けの健康食品として販売されていますが、多くは米ぬかから抽出したサプリメントです。
「抽出したサプリメント」でなく、「フェルラ酸を自然な形で取りたい」「フェルラ酸を丸ごとの食品として取りたい」という方におすすめなのが玄米発酵食品【玄米酵素】です。

玄米酵素は、玄米、胚芽・表皮(米ぬか)を麹菌で発酵させた食品です。フェルラ酸、食物繊維、健康に必要な栄養素が40種類以上含まれています。


玄米酵素の詳細はこちら



4. 麹菌による発酵でフェルラ酸以外の栄養価もアップ!




4-1 発酵により美容に嬉しい成分「コウジ酸」が生まれる


麹菌が作るコウジ酸という成分は、化粧品にも使われている美容に役立つ成分。日本酒を作る杜氏(とうじ)さんは、素手で麹を触っているので、男性なのに綺麗だともいわれています。玄米、胚芽・表皮(米ぬか)を麹菌で発酵させると、コウジ酸が生成していることが分かりました。
Journal of Computer Aided Chemistry , Vol.18 (2017)に掲載




4-2 発酵により吸収しやすい遊離型ビタミンB群が増加する



玄米の胚芽・表皮(米ぬか)に豊富に含まれるビタミンB群は、タンパク質などと結合していて、そのままでは吸収することができません。胃酸や様々な酵素により「遊離型ビタミン」に変わり、はじめて腸で吸収されます。そのため、よく噛まないと、せっかく玄米を食べてもビタミンB群が体内で利用される率は少なくなってしまうと考えられます。

玄米、胚芽・表皮(米ぬか)を麹菌で発酵させると、「遊離型ビタミンB群」が大幅に増えていることがわかりました。玄米酵素は、玄米よりもビタミンB群が効率よく吸収でき、体内で利用できる優れた食品であると考えられます。

また、ビタミンB群はスポーツをすることでも多く消費されますので、スポーツをする方にもオススメです。(立命館大学 田中謙教授の研究)


※Journal of Computer Aided Chemistry , Vol.18 (2017)に掲載





4-3 発酵によりペプチド、アミノ酸が増加する


近年様々な健康力が解明されてきた、ペプチド・アミノ酸。玄米、胚芽・表皮(米ぬか)を麹菌で発酵させると、ペプチド・アミノ酸が増加していることが分かりました。麹菌が作る酵素が、玄米・米ぬかのたんぱく質が分解されて増加したと考えられます。
※Journal of Computer Aided Chemistry , Vol.18 (2017)に掲載


玄米発酵食品「玄米酵素」とは

玄米酵素の無料サンプルはこちら