ホーム > レストラン・施設 > 洞爺自然農園

洞爺自然農園

原料の安心と安全

食の原点は、安全な農作物づくりから

洞爺自然農園

洞爺自然農園
洞爺自然農園
「食の原点は、安全な農作物づくりから」という信念を実践するために、土壌から見直し、化学肥料、農薬、除草剤などの化学物質を使用しない昔ながらの農法による農園を直営しています。
国立公園洞爺湖の自然に恵まれた環境のなかで、有機栽培の農作物を栽培し、皆様にお届けしています。
JAS
平成13(2001)年1月 有機JASマークを取得
洞爺自然農園は、農林水産省が定める有機JASの認定を取得しています。
有機農産物とは【JASによる定義】
化学的に合成された肥料および農薬の使用を避けることを基本として、播種または植え付け前2年以上(多年生作物にあっては、最初の収穫前3年以上)の間、堆肥等による土づくりを行ったほ場において生産された農産物を指します。

農薬は一切検出されていません(※定期的に検査をしています。)

「ハイ・ゲンキ」の主原料である玄米は、ポジティブリスト制度と呼ばれる残留農薬検査に合格したものを使用しています。

「いつも笑顔の契約農家のみなさま」をちょっとご紹介

早川仁史さん
早川仁史さん
『安全・安心』を求め、「ああ、美味しかったね」、と言っていただけるお米づくりに頑張っています。
佐藤さんご夫妻
佐藤さんご夫妻
寒暖差の大きい足寄町大誉地で生まれた大豆です。私たち家族が育てる『自然の力』でたくましく育った北の豆です。
和田山さん
和田山さん
「お母さん、ごはんが美味しかったよ!」と言っていただける品質のよいお米を、石狩のミネラル水と大地で作っています。

洞爺自然農園マップ

洞爺自然農園のエリアマップです。自然農園ではたくさんの野菜が栽培されています。

地図上をクリックすると農園の野菜が表示されます

農園マップ