ホーム > 玄米酵素とは > 玄米酵素誕生ものがたり

玄米酵素誕生ものがたり

玄米酵素で病から脱出!
(クリックで拡大します)
病のデパート

家族の健康不安が原点

株式会社玄米酵素の創業者・岩崎輝明と玄米酵素との出会い、
それは1971年に遡ります。

そのころの岩崎家は、岩崎自身はもちろん、妻と2人の娘も健康不安に悩まされていました。

そんな折に出会ったある人に「食生活を変えなければ健康は守れない」と諭され、まさに目からウロコの思いをした岩崎。食べ物と身体の関係、自然の法則に合った食生活、玄米の優れた成分を科学的に解き明かした内容、その人から聞くことすべてが納得でき、理にかなった話でした。これが、のちの玄米酵素へとつながる最初の出会いとなります。

運命の出会い

勇んで始めた玄米食。しかしながら、白米を食べてきた家族にとって玄米はそう馴染めません。

とくに、1歳と3歳の幼い子ども達は玄米になじめず、早々にギブアップしてしまったのです。

思い悩む岩崎のもとに、ある日、千葉県在住の酵素研究家・岡田悦次氏が、「玄米を麹で発酵させることに成功した」というニュースが届きます。「納豆のように発酵させているなら消化もいいはず。これはいけるかもしれない」と、さっそく取り寄せて食べてみたところ、3カ月も経たないうちに、家族全員がその力を実感しました。

生涯をかける決意

1971年、岩崎は千葉へと飛び立ちます。

岡田氏と会い、その研究を目の当たりにし、玄米酵素の素晴らしさに惚れ込んでいきます。玄米の持つ栄養の豊かさ、発酵により消化が格段とよくなること、岩崎とその家族が身をもって実感したこと、岡田氏の信念…。そうしたものが岩崎の中で一筋の道となり、玄米酵素の普及に生涯をかける決意をさせました。岩崎はその後、勤めていた会社を辞め、2カ月後には早くも正しい食生活(食事道)と玄米酵素の普及事業をスタートさせたのでした。