ホーム > 玄米酵素とは > 玄米酵素の特徴と栄養

玄米酵素の特徴と栄養

昭和46(1971)年の誕生以来、多くの方にご愛食いただいている理由

生の大豆は消化の良いものではありませんが、発酵させて納豆になると消化・吸収が良く、栄養価の高い食品に変身します。玄米酵素も発酵することで、各種酵素が生まれ、アミノ酸・ビタミンB群なども大幅に増えます。

お客様に選ばれる8つの理由

食物繊維がゴボウの4倍
ゴボウと比較して約4倍の食物繊維が含まれています。
食物繊維比較の詳細を見る
ビタミン・ミネラルが豊富
ビタミンB群、ビタミンE、マグネシウム、亜鉛などのビタミン・ミネラルが豊富に含まれます。
農薬は一切検出されていません。
安心・安全
主原料は玄米胚芽・表皮および契約農家で栽培された玄米。
農薬は一切検出されていません。
農場の詳細はこちら
消化吸収がよい
発酵により消化吸収がよくなり、各種酵素が生まれ、吸収されやすい遊離型のビタミンB群やアミノ酸も豊富になります。
有用物質で、イキイキ体力維持!
健康に役立つ成分
玄米由来のギャバ、フィチン酸などが含まれています。
キレイを支える成分
玄米由来のフェルラ酸、発酵により生まれるコウジ酸などが含まれています。
カロリー控えめで栄養補給
玄米酵素を1日6袋召し上がっても約88kcal。カロリー控えめで栄養補給ができます。
※ハイ・ゲンキスピルリナの場合。
1袋わずか14kcal!
顆粒状は携帯に便利
外食や旅行の時も手軽に食べることができます。

Q.玄米酵素を食べると、1日に必要な栄養素をどれくらい取れるの?

A.ハイ・ゲンキ6袋と1日の推奨量を比較しました

各種栄養素の割合

玄米酵素(ハイ・ゲンキスピルリナ)を1日6袋食べた場合、各種栄養素は30〜49歳女性の1日の推奨量と比較して、何%摂取できるでしょうか。これを算出してみたのが上の表です。玄米酵素を食べると、ビタミンB群、マンガン・マグネシウムなどのミネラルが効率よく摂取できることが分かります。

参考:日本人の食事摂取基準(2015年版)

  • ※推奨量がないものは目安量で算出。
  • ※推奨量:ある対象集団において測定された必要量の分布に基づき、母集団に属するほとんどの人(97〜98%)が充足している量として「推奨量」を定義する。
  • ※目安量:特定の集団における、ある一定の栄養状態を維持するのに十分な量として「目安量」を定義する。実際には、特定の集団において不足状態を示す人がほとんど観察されない量として与えられる。「推奨量」が算定できない場合に限って算定するものとする。

ハイ・ゲンキシリーズ 分析表

プレーン スピルリナ 霊芝 グルカン ビフィズス 花粉顆粒 花粉錠粒 玄米
ご飯
白米
ご飯
分析年月日 16.2.10 15.9.1 16.2.10 16.2.10 16.2.10 16.8.25 16.2.10
エネルギー kcal 412 427 420 423 413 367 418 165 168
たんぱく質 g 14.4 25.9 25.7 25.7 14.2 16.1 13.8 2.8 2.5
脂質 g 16.0 23.1 22.2 22.5 20.9 18.7 20.4 1.0 0.3
炭水化物 g 60.1 39.7 41.2 40.6 53.2 49.5 53.6 37.0 37.4
糖質 g 44.9 18.1 17.4 18.3 31.0 28.8 35.8 35.6 37.1
食物繊維 g 15.2 21.6 23.8 22.3 22.2 20.7 17.8 1.4 0.3
ナトリウム mg 8.2 64.3 41.5 43.4 15.9 21.3 16.1 1 1
(食塩相当量) g 0.021 0.163 0.105 0.110 0.040 0.0541 0.041 0 0
水分 g 1.8 1.8 1.3 1.6 1.0 5.4 3.4 60 60
灰分 g 7.7 9.5 9.6 9.6 10.7 10.3 8.8 0.6 0.1
カルシウム mg 239 352 355 365 371 1110 1040 7 3
リン g 1.70 1.89 1.95 1.97 2.36 2.05 1.52 0.13 0.034
mg 5.30 10.90 16.80 13.9 7.46 6.98 7.83 0.6 0.1
カリウム g 1.47 2.06 2.15 2.15 1.97 1.77 1.49 0.095 0.029
マグネシウム mg 682 769 779 792 952 774 624 49 7
マンガン mg 13.7 14.6 14.2 14.5 19.0 16.8 11.5 1.04 0.35
亜鉛 mg 4.31 5.23 5.06 5.12 5.11 4.17 3.98 0.8 0.6
mg 0.40 0.81 0.65 0.64 0.47 0.64 0.43 0.12 0.10
セレン μg 検出せず 7 6 6 6 7 検出せず 1 1
ビタミンA μg 3 731 867 858 3 3 2 0 0
B1 mg 1.60 1.85 1.98 1.99 2.21 1.27 1.45 0.16 0.02
B2 mg 0.55 0.78 0.85 0.81 0.68 0.61 0.47 0.02 0.01
B6 mg 2.22 2.58 2.3 2.36 2.94 2.47 1.84 0.21 0.02
ナイアシン mg 37.1 39.6 37.5 38.2 51.3 48.9 29.9 2.9 0.2
パントテン酸 mg 5.21 4.75 6.01 7.24 7.80 5.88 5.13 0.65 0.25
葉酸 mg 0.20 0.20 0.26 0.26 0.24 0.20 0.20 0.01 0.003
B12 μg 検出せず 7.9 8.9 7.9 0.04 検出せず 検出せず 0 0
ビオチン μg 31.3 40.0 45.7 46.4 39.9 37.2 32.3 2.5 0.5
E mg 7.1 7.4 6.7 6.9 9.6 6.8 6.4 0.5 -
K1 μg 13 79 68 72 14 15 10 0 0
SOD消去活性 880 単位/g 780 単位/g 700 単位/g 770 単位/g 990 単位/g 1100 単位/g 680 単位/g - -
フィチン酸 g 3.99 4.42 4.49 4.11 6.66 5.43 3.59 - -
  • ※- は未検査
  • ※ビタミンA=レチノール活性当量
  • ※ナイアシン=ニコチン酸相当量(ニコチンアミド相当量)
  • ※ビタミンE=α-トコフェロール
■玄米酵素商品分析:(財)日本食品分析センター
ハイ・ゲンキ プレーン/分析年月日:平成28(2016)年2月10日
ハイ・ゲンキ スピルリナ/分析年月日:平成27(2015)年9月1日
ハイ・ゲンキ 霊芝/分析年月日:平成28(2016)年2月10日
ハイ・ゲンキ グルカン/分析年月日:平成28(2016)年2月10日
ハイ・ゲンキ ビフィズス/分析年月日:平成28(2016)年2月10日
ハイ・ゲンキ 花粉(顆粒)/分析年月日:平成28(2016)年8月25日
ハイ・ゲンキ 花粉(錠粒)/分析年月日:平成28(2016)年2月10日
■白米ご飯、玄米ご飯は、日本食品標準成分表2015より

ハイ・ゲンキは食物繊維がとっても豊富!

ごぼうの約4倍
玄米ごはんの約15倍(100g中の含有量)

1日に必要な食物繊維の量は、約20g(男性19g以上,女性17g以上)と言われています。
最近の日本の食生活では、そのうち、15g程度は通常の食事から摂取できていますが、あと5g食物繊維を摂取したいところです。

100g中の食物繊維含有量比較

ハイ・ゲンキ
スピルリナ
21.6g
ごぼう 5.7g
玄米ごはん 1.4g
バナナ 1.1g
ほうれん草 2.8g
さつまいも 2.8g

「日本食品標準成分表2015」
より計算しています。

1日に足りない5gの食物繊維を摂取するには・・・
1日に足りない5gの食物繊維を摂取するには・・・