ホーム > 玄米酵素とは > 食改善の医療施設で注目

食改善の医療施設で注目

食改善の補助として玄米酵素をお勧めいただいている医療施設をご紹介いたします。

販売店Map 東北

医療施設を地域別にご紹介しています。ご覧になりたい地域をクリックしてください。

北海道

たに内科クリニック院長 谷光憲(たにみつのり)先生 (北海道名寄市)

管理栄養士のスタッフもおり、糖尿病の患者さんなどに食事指導、生活習慣指導にも力を入れており、院内での健康セミナーも定期開催。24時間血糖値を測定できる機器、血管機能を測定する機器なども導入、最新の検査機器も使い、患者様を真の健康へと導きます。

東北

長命整骨鍼灸院院長 笹沼 政實(ささぬま まさみ)先生 (宮城県仙台市)

痛みの原因は食生活やライフスタイルにある。これを理解し、症状を改善してもらうことが、体験から得た使命感だと思っています。

斎藤整骨院本院・分院・関連院の総副院長 鎌田 一義(かまた かずよし)先生 (宮城県仙台市)

狭心症を患い、不規則な生活習慣の怖さを実感。その経験を活かして、正しい食事と運動を指導し、目指すは地域の健康ステーション。

斎藤鍼灸接骨院 副院長斎藤 隆文(さいとう たかふみ)先生 (宮城県大崎市)

美容鍼灸や訪問鍼灸リハビリに食事指導を加え、治療院から、ほんとうの健康を提案します。そして、次の使命は視覚障害者の雇用創造!

関東・上信越

加藤歯科クリニック院長 加藤 仁市(かとう にいち)先生 (新潟県新潟市)
歯科

歯の噛み合わせが悪化すると全身に影響を及ぼすため、噛み合わせ(咬合)に注意を払った診察を行っています。
健康な身体をつくる基本は食事であるとし、歯科医の立場から総合的にアドバイスをしています。

もりさわ整骨院院長 森沢 政明(もりさわ まさあき)先生 (栃木県足利市)

原因を徹底的に追求し、まずは痛みを軽減します。そして『根本治療』のために日常の食事指導や心のケアも行い、『一生ものの健康』を目指します。

回生眼科院長 山口康三(やまぐちこうぞう)先生 (栃木県下野市)

緑内障、彼硫黄班変性症…など、さまざまな目の難病に、玄米食(少食)+休養+散歩という総合診療で挑みます。これは生活指導と言って過言ではないです。

大宮レディスクリニック院長 出居 貞義(いでい さだよし)先生 (埼玉県さいたま市)
婦人科・不妊治療

東洋医学の医食同源という考えや、活性酸素等のテーマに興味を持ち、加齢と活性酸素の関係から不妊症の治療に取り組んでいます。
生活習慣や食生活、環境因子を改善して出来るだけ健康を取り戻し、早期に妊娠に至るよう患者さんのサポートをしています。

あしたば歯科院長 田中 宏尚(たなか ひろなお)先生 (埼玉県所沢市)
歯科

「自然治癒力」を引き出すために、「なるべく削らない・抜かない歯科治療」を行っています。噛み合わせの状態を診察し、「歯は身体、身体は歯」をモットーに、全身の治癒を目指した歯科医療を提供しています。

島村トータル・ケア・クリニック院長
島村 善行(しまむら よしゆき)先生 (千葉県松戸市)
内科・消化器科・外科

肝臓病の専門医として、「食改善はがん治療にも大きな成果をもたらす」と、玄米菜食を基本にした食事指導をしています。がん治療はもとより、全人的医療(トータル・ケア)の実践を理念に地域密着の医療を行っています。
【著書】
医師がすすめる最高の食事 マクロビオティック(マキノ出版ムック)

いずみ整骨院院長 大泉 勉(おおいずみ つとむ)先生 (千葉県若葉区)

外傷であれ、骨折や機能障害であれ、真の治療のためには内臓の働きを活発にすることが重要。食改善で体温上昇、血流改善を説いています。

山本鍼灸院院長 山本 憲次先生・忍先生 (千葉県市川市)

無痛の気功治療で自然治癒力を向上させ、症状の真の原因探しに全力を!健康づくりの発信基地としても活躍中。

若草助産院 助産師 小林昌代(こばやしまさよ)さん(千葉県千葉市)

妊婦さんの本来持っている産む力を高め、自分の力でするお産、母乳育児をサポートしています。妊婦さんへの食事指導に力を入れており、主食は玄米か雑穀米、おかずは野菜・海藻、きのこ類などを多くし、肉や油は少なくするよう指導されています。ベビーマッサージ、食改善などの各種教室活動にも力を入れています。

ふくしま整骨院・鍼灸マッサージ院院長 福島 聰一郎(ふくしま そういちろう)先生 (東京都足立区)

整体、鍼、灸に加え、そして各種機器も駆使。根治のためには経路治療(本治法)に加え食事を指導。細胞を元氣にする治療で、目指すは"日本を元氣に!"

西台(にしだい)クリニック院長 済陽 高穂(わたよう たかほ)先生 (東京都板橋区)
内科・外科・放射線科・健康診断・PET検査

消化器専門の外科医として、30年間で2,000例余りの消化器がんの手術を執刀。「手術・抗がん剤・放射線治療」という現代における三大治療法に加えて食事療法を並行して行えば、再発防止に良い効果をもたらします。
【著書】
今あるガンが消えていく食事(ビタミン文庫)、ほか多数

東診療所医師 王 瑞雲(おう ずいうん)先生 (東京都国立市)
小児科・東洋医学湯液科(漢方薬による治療)

小児科・漢方薬治療が専門ですが、あらゆる科目、年代の患者さんを診ています。家庭でできる体や心の手当法の指導など、患者さん一人一人にあわせたアドバイスをしています。
"医の自立"が生きる基本と考え、「自家カルテ」の作成を勧めています。

あきペットクリニック院長 篠崎 章乃(しのざき あきの)先生 (東京都国立市)

治療は疾患と上手に付き合い、生体が持てる力を最大限に活用できるようサポートすることが重要であると、正しい食生活も指導しています。

さくら通りクリニック院長 春日井 啓悦(かすがい ひろよし)先生 (東京都国立市)
内科・循環器科・小児科

「患者さんとずっとお付き合いする臨床医でありたい」と、なんでも相談できるかかりつけの医師として"安心"をお届けしています。
症状をじっくりお聞きし、丁寧に治療方法や食事などの指導をし、病気の予防に力を注いでいます。

ミナミスポーツマッサージ治療院院長 清水 原光(しみず げんこう)先生 (東京都国立市)

食はエネルギーの源。だから食の改善と胃の改善が治療の第一歩。そして、長く通わせない治療がコンセプト。増える一方のカルテは実績の証。

築地ふたばクリニック院長 鎌田 徹(かまた とおる)先生 (東京都中央区)
内科・アレルギー科・心療内科

自身が食事改善でアレルギー・アトピーを克服された経験を持ち、患者さんの想いに応えています。血液画像観察を利用した食生活改善の指導に力を入れています。

西東京歯科理事 竹前 健彦(たけまえ やすひこ)先生 (東京都羽村市)
歯科

「歯だけでなく、体全体の健康のために助言するのは主治医の役目」と食事指導にも力を入れています。自身が理事長を務める歯科衛生士の専門学校の生徒さんにも食の大切さを伝える活動をしています。

あしかりクリニック院長 芦刈 伊世子(あしかり いよこ)先生 (東京都中野区)
精神科・神経科・心療内科

精神的な疾患と認知症を診察分野とし、その中で食養生の考えに基づいた食事指導も実施しています。患者さんとの対話を大切にし、地域との連携で精神症状の解決に取り組んでいます。

半蔵門胃腸クリニック 掛谷 和俊(かけたに かずとし)先生 (東京都千代田区)
胃・大腸内視鏡科

内視鏡の世界第一人者である新谷弘実教授が開発した「新谷式挿入法」により、無痛で安全に検査を行っています。 予防医学を重視され、がんの早期発見・早期治療のために定期的な検査を受けることをすすめています。

きらく内科クリニック院長 都野晋一(つのしんいち)先生 (東京都墨田区)
内科・消化器内科・小児科

真の患者さんの立場に立った治療、健康維持管理を目指しています。医療だけでなく、患者さんとご家族が楽しく笑顔になれたらと想い、きらくな健康教室(骨盤体操、影絵師の方を招いたクリスマス会等)を開催、玄米酵素についてもお話しています。身体の負担が少なく、検査後すぐ仕事に戻ることができる経鼻内視鏡も行い、患者さんと一緒に考えながら、より健康で幸せな生活を送って頂ける様、日々奮闘しています。

助産院バースハーモニー院長 齊藤 純子(さいとう じゅんこ)先生 (神奈川県横浜市)
助産院

女性本来の”産む力”を高めるために玄米菜食を勧め、食箋指導をしています。玄米菜食の料理教室や、両親教室、呼吸教室などの啓蒙活動も行い、総合的に自然治癒力を高める指導をしています。
【著書】
しあわせなお産自然出産を超えて自然誕生へ まってるね赤ちゃん(マガジンランド)

アドバンス・クリニック横浜院長 前田 華郎(まえだ かろう)先生 (神奈川県横浜市)
内科、循環器科、外科、心臓血管外科

現代医学的検査を参考にした独自の治療法を確立し、がん治療の分野、特に代替医療の世界で活躍しています。がん治療の基盤は体力作りであると考え、玄米菜食を基本とした食事療法も行っています。
【著書】
がんになった医者が書いたがんの本当の治し方(幻冬舎)

健康へるぱー・たかみか 大賀 みか(おおが みか)先生・大賀 たか聡(おおが たかとし)先生 (神奈川県川崎市)

どん欲に勉強し、施術と食事指導を通じて、確信できたものだけを伝え、患者さんが自然に健康になっていくお手伝いをしたい。

アルファデンタルクリニック院長 松井 利行(まつい としゆき)先生 (神奈川県横須賀市)
歯科

大切にしているのは、ブラッシングとよく噛んで唾液の分泌を増やすこと。自身の昼食は玄米弁当で、よく噛んで食べることを実践しています。歯科に留まることなく身体全体を診ながら口腔を考えたいという方針のもと、治療にあたっています。

厚木治療院院長 大淵 令司(おおぶち れいじ)先生 (神奈川県厚木市)

芯から治すためにはカラダ全体をよくする。この方針のもと、鍼灸とマッサージを超えた総合治療を進めています。食事指導は欠かせません。

東海・北陸

藤井歯科医院院長 藤井 規之(ふじい のりゆき)先生 (静岡県賀茂郡)
歯科

良いものを食べる、すなわち食はとても大切なことであることは言うまでもありません。それに加えて良く噛んで食べるということもとても大切なことです。患者の皆さんを良く噛めるようにすることを目指しています。

今池(いまいけ)内科・心療内科医院院長
小林 昭彦(こばやし あきひこ)先生 (愛知県名古屋市)
内科・心療内科・精神科

心理療法と食生活指導に重点を置いた総合的な診療を行っています。精神神経免疫学に注目し、「心の持ちようで病気は治せる」と、じっくりと患者さんと話しをします。
また、「粗食」と呼ばれる日本の伝統食をすすめ、さらに不足したものは玄米発酵食品などで補うことも指導しています。

二村鍼灸院院長 二村 恵子(ふたむら けいこ)先生 (愛知県蒲郡市)

"治りにくい体"の持ち主が増えています。鍼灸を入り口に正しい食事と食生活を伝え、新しい人生の扉を開けるお手伝いをしています。

松永治療院院長 松永 啓一(まつなが けいいち)先生 (愛知県大府市)

骨格が正しくなり、血液が浄化されれば心身ともに健康になれます!その確信を胸に、“本気”で治したい患者さんに“本気”で向き合います!

上瀬(じょうせ)クリニック院長 上瀬 英彦(じょうせ ひでひこ)先生 (三重県多気郡)
内科・小児科

こどもの頃から正しい食事をし、病気を予防することが大切と考え、和食と酵素を重視した食事指導を行っています。酵素を取るために、生の食品や発酵食品が重要です。
【著書】
病食同源を断つ!「フル・和食」のすすめ(文芸社)、今、子どもの『食』を考える(文芸社)

神戸(かんべ)クリニック院長 野口 吉文(のぐち よしふみ)先生 (三重県度会郡)
内科

食事と環境が自然治癒力を高めてくれる、投薬は症状をコントロールしているだけで根本的な治療になっていません。
病気は自分の中にある自然治癒力が働いて治るものであると考え食事や生活の指導しています。クリニック内で玄米酵素の社員が講師を務める食育セミナーも開催しています。

やまざき歯科クリニック 副院長 山崎 隆(やまざき たかし)先生 (愛知県豊橋市)
歯科

長寿村や先住民の食事に学び、対症療法の枠を超えて食事指導中心の歯科診療。
「一に養生、二に養生、三、四がなくて、五にちょっと漢方!」

こぐま治療院 熊谷 紀幸(くまがい のりゆき)先生 (愛知県名古屋市)

まず患者さんと1対1で向き合う。あん摩のようなマッサージと長野式鍼灸で、目指すは社会全体の健康づくり!

近畿・中国

歯科あおき院長 青木 清高(あおき きよたか)先生 (大阪府東大阪市)
歯科

「自分の歯で食べる美味しさをいつまでも楽しんでもらいたい」と、できるだけ抜かない歯の治療を実践しています。健康な歯をつくる土台として、「元氣の根っこは食から」と、食生活のアドバイスに力を入れています。
自然農法で自家製の野菜を作り、食の大切さを日常の診療でアピールしています。

みうらクリニック院長 三浦 直樹(みうら なおき)先生 (大阪府大阪市)
内科・皮膚科・アレルギー科

食事療法(マクロビオティック)を基本に、様々な自然療法を行っています。食の問題を中心とした適切な生活習慣の普及を行うべく、講演活動も行っています。
80種以上の食材について体質に合うかどうかチェックするなど、患者さんの体質に合った食事指導をしています。

三室歯科医院院長 藪田 宗孝(やぶた むねたか)先生 (奈良県生駒郡)
歯科

血液検査、毛髪ミネラル検査などを行ない、患者さんの状態を総合的に判断し、食事や運動の指導などを行っています。「食」を通して患者さんの全身の健康を考え、免疫力、自然治癒力、代謝力を高める治療をしています。

ムネトモクリニック院長 宗友 文男(むねとも ふみお)先生 (岡山県岡山市)
内科・小児科・消化器科

インフォームド・コンセントを主体とした納得できる医療を目指し、患者さんとの信頼関係を大事にしています。
アレルギー体質だったご家族とご自身が食改善で改善したことから、人間の自然治癒力を引き出すことが仕事と考え、患者さんに指導しています。

ムネトモ鍼灸院院長 宗友 章二(むねとも しょうじ)先生 (岡山県岡山市)

痛みを緩和するだけでなく、本当の健康体にしてあげたい!それを追求、食育活動に積極的に取り組んでいます。

藤岡はり灸院院長 藤岡秀暢(ふじおかひでのぶ)先生 (広島県福山市)

はりと灸に加えて食改善の大切さを説き、”本能”に沿った生活をすることで、自然治癒力の回復を図りたい。

四国

高橋歯科院長 伊藤 康夫(いとう やすお)先生 (愛媛県西条市)
歯科

食生活習慣を改め口内環境を改善することで真の健康を獲得できる。個別の食事指導や食育セミナーを行うなど、食事指導に力を入れています。
また、次の世代を健全に育てるのが我々の役目と妊婦さんへの指導にも意欲的に取り組んでいます。

ひさのデンタルクリニック 久野 浩(ひさの ひろし)先生 (高知県高知市)
歯科

歯のトラブルの原因となる問題を改善し、再発を防ぐためのリスク管理こそ予防です。歯周病治療、予防管理に力を入れています。

みもと歯科医院 味元 議生(みもと よしたか)先生 (高知県南国市)
歯科

健康な歯を育てる為には、母親がほんのすこしだけ歯に関心をもって頂く事が大切と、食事のあり方の重要性を訴えています。
歯に穴をあけず、歯を支えている骨を減らさず、予防していくことが最も安全で安く、痛くなく、綺麗な治療法を心掛けています。

九州・沖縄

むらつ歯科クリニック院長 村津 和正(むらつ かずまさ)先生 (福岡県福岡市)
歯科

歯は、心臓や肝臓などと同様「”臓器”である」との独自理論を掲げ、心身全体の健康を考えた歯科治療を行なっています。
かみ合わせ治療で心身の様々な不調を解消する、内科と歯科を融合させた治療を基本に、これまで9,000例を超える患者様を診てきました。

正軆院(せいたいいん)院長 久保田 浩一(くぼた こういち)先生 (福岡県福岡市)

骨盤調整と食事指導で“芯”からの自然治癒力を取り戻すお手伝い。目指すは悩める全ての人々の“健康指導院”

統合医療やまのうち小児科・内科院長
山内 昌樹(やまうち まさき)先生 (佐賀県佐賀市)
小児科、内科、アレルギー科、漢方小児科、漢方内科、漢方アレルギー科

病気の本当の原因を探り、西洋医学だけでなく東洋医学を取り入れて総合的な治療をしています。また、玄米菜食を基本とする食事指導を行っています。
病気の治療にはお母さんがキーパーソンと考え、食育講演にも力を注いでいます。

しげた総合診療クリニック院長
重田 研一郎(しげた けんいちろう)先生 (佐賀県佐賀市)
内科・漢方内科・心療内科・アレルギー科・小児科

東洋医学の主体となる診断法である四診(望診、聞診、問診、切診)をベースに、西洋医学と東洋医学を駆使して、患者さんを本来の姿に戻すことを目指した診療をしています。
玄米菜食を中心とした食事の提案も積極的に行ない、定期的に食育セミナーも開催しています。

玄米クリニック院長(医学博士、総合内科専門医、循環器専門医)
森田 悦雄(もりた えつお)先生 (沖縄県中頭郡)
総合内科

食事や自然治癒力といった東洋医学の考えを元に、「病の根」である食べ物と生活と心を、患者さんと一緒に考えていく診療を行っています。
患者さんによって病の根は違うことから、一人ひとりじっくり時間をかけた問診、血液検査を行ない、その患者さんに適切なアドバイスをしています。