ホーム > 玄米酵素とは > 玄米酵素の食べ方・保存方法

玄米酵素の食べ方・保存方法

玄米酵素の食べ方

玄米酵素は健康補助食品ですから、食べる量や食べ方に決まりはありませんが、下記の表を参考に食事の時などに分けて、水またはぬるめのお茶などでお召し上がりください。

顆粒、粉末 顆粒は1日3〜9袋
粉末は10〜30g
※計量スプーン大さじすり切り1杯で約5g
錠粒(ハイ・ゲンキ 花粉入) 1日30〜120粒
錠粒(玄米ファイン) 1日15〜20粒

食べ方の例

顆粒・粉末は口に含み、水またはぬるめのお湯を少量流し込んで、口の中で湿らせてから飲み込んでください。

錠剤は、噛んで食べてください。

水、豆乳・野菜ジュースなどに溶いて、お飲みください。

具を食べた後の味噌汁に溶いてお飲みください。すりゴマなどをふりかけても美味しくいただけます。

和え物や納豆に混ぜたり、サラダにふりかけて食べてください。

お子様の場合は、適宜、量を減らてください。

ご注意

  • 酵素は熱に弱く、40℃を超えると働かなくなり始め、多くは70℃以上で失活するといわれています。お米と一緒に炊いたり、味噌汁に入れて加熱するようなことはお避けください。
  • お子様の場合は、適宜、量を減らしてください。
  • 錠粒は一度に口に入れますと、喉に詰まることがありますので、少量ずつお召し上がりください。

保存方法

  • 直射日光を避けて保存してください。
  • 高温多湿の所に置かないでください。
  • 粉末の袋を開封した場合は、必ず袋ごと密閉容器に入れて保管してください。

玄米酵素を食べるにあたってのご注意

玄米酵素をお召し上がりになるにあたって下記の点にご留意ください。

賞味期限

  • 賞味期限は製造から1年となっております。賞味期限内にお召し上がりください。
  • 粉末は、開封後は賞味期限にかかわらず1カ月以内にお召し上がりください。

製品の管理

  • 玄米酵素は健康補助食品です。防腐剤や着色剤など化学合成添加物はいっさい使用していませんので、安心してご愛食ください。
  • 製品の管理には万全の注意を払っていますが、万一不良品がございましたら、良品と交換いたしますのでご連絡ください。→ご相談専用ダイヤル

食べ続ける目安

人間の細胞の変化は皮膚で約3カ月、その他の細胞は約10カ月かかると言われています。従って最低10カ月くらいは根気よく食べ続けていただき、体調が良くなったと感じてからも、健康維持のため続けることをおすすめします。

ご相談専用ダイヤル TEL 0120-13-6789 【受付時間】9:00〜17:30(土日・祝日を除く平日)