ホーム > 玄米酵素とは > 工場見学 玄米酵素ができるまで 

玄米酵素ができるまで

動画を見る

動画で見る玄米酵素工場紹介〜玄米酵素ができるまで〜

玄米酵素ができるまでの工場現場を紹介いたします。

※画像をクリックすると動画をご覧いただけます。

玄米酵素ができるまで

その1

玄米の栽培・収穫

1玄米・大豆の契約栽培農家さん達です。
玄米・大豆の契約栽培農家さん達です
2これが原料の北海道産無農薬玄米!
これが原料の北海道産無農薬玄米

その2

工場にて

3札幌の隣町(当別町)にある弊社工場!
札幌の隣町(当別町)にある弊社工場
4最新型の発酵機で発酵させます。
 
最新型の発酵機で発酵させます
5発酵した原料を顆粒状にする機械の前で。
発酵した原料を顆粒状にする機械の前で
6真心と愛情を込めて作業中。
 
真心と愛情を込めて作業中

その3

目視検査・品質チェック

7最後は目視検査を行います。
 
最後は目視検査を行います
8品質に問題がないか、さまざまなチェックをします。
品質に問題がないか、さまざまなチェックをします

その4

商品完成!

9愛情を込めた商品ができました!
愛情を込めた商品ができました!

私たちが作っています!

スタッフ一同、愛と心を込めて玄米酵素を作っています!
お手元の商品を見て、私たちを思い出していただけたら幸いです
スタッフ一同、愛と心を込めて玄米酵素を作っています!

スタッフからのメッセージ

北海道の大自然に囲まれた当別町にある玄米酵素の生産工場では、皆さまのお手元に高品質の商品をお届けするため、スタッフが愛と心を込めて商品を作っています。今回はスタッフの熱い想いをご紹介いたします。

(株)コーケン 代表取締役社長 道見重信

限り無き品質向上への挑戦

道見重信 -(株)コーケン 代表取締役社長

 工場は大きく分けて2つの大きなテーマのもと日々努力しております。1つ目は研究開発、品質管理であります。玄米酵素の各大学における研究に関しての事前研究また共同研究、そして製品開発研究を行っています。2つ目は、玄米酵素商品のさらなる品質向上と品質安定のための生産工程、生産プラントの開発改良であります。
 これからも、安定した品質のもと、愛食者の皆さまの正しい食生活の大きな支えとしてお役に立つことを願い、誇りと自信を持ち、真心を込めて、社員一丸となって努力してまいります。

業務部 部長 道見哲治

道見哲治 -業務部 部長

 先日契約農家さんの水田に行った際、おたまじゃくしを見ました。思わず「久しぶりに見た」と言ったら、生産者が「農薬まいてないからね」と言われ感激。「雑草は大変だけどね」とも。安心な玄米を生産している様子が伺えました。

生産部 発酵課 課長 新井好一

新井好一 -生産部 発酵課 課長

 私たち発酵課は、目では見えない小さな麹菌を利用し、玄米を発酵させています。玄米酵素開発者の岡田悦次先生の伝統を受け継ぎつつも、新しいタイプの発酵機を導入するなど挑戦をし続け、300年企業の礎を作ります。

品質管理課 藤田 仁

藤田 仁 -品質管理課

広島大学大学院 先端物質科学研究科修了 博士(工学)

 酵素の研究が専門です。玄米酵素は、食べ物なので万にひとつでもトラブルがあっては取り返しがつきません。品質管理課では、問題が発生しないように常に検査による監視を実施しています。

研究開発室 根本 英幸

根本 英幸 -研究開発室

徳島大学大学院 医科学教育部修了 博士(医学)

 博士課程の学位論文は「FBRAの腸内細菌叢への影響について」でした。
大学との共同研究(FBRA研究会)や自社の研究室で、玄米酵素の何が良いのか?なぜ良いのか?など、FBRAが健康に寄与する効果を多角的に研究しています。
※FBRAとは「Fermented Brown rice and Rice bran with Aspergillus oryzae」の頭文字を取ったもので、玄米酵素の学術名です。

研究開発室 堀江裕紀子

堀江裕紀子 -研究開発室

 研究開発室は、新商品開発と玄米酵素の学術的研究を行っています。新商品を試作する際は弊社の厳しい基準に沿う素材集めに苦労したり、研究が思い通り進まず悩む時もありますが、結果が得られた時の喜びはとても大きいです。最高です!

生産部 製品課 伊東真琴

伊東真琴 -生産部 製品課

 ハイ・ゲンキを作り続けて早10年がたちました。上司や仲間とぶつかることもありました。でもそれは皆が「より良い製品を!」と思うからこそ。これからもたくさんの人を笑顔にできる製品作りを心がけて頑張りたいです。

生産部 製品課 織田貴美子

織田貴美子 -生産部 製品課

 入社してすぐは、工場という未知の世界に戸惑うばかりでした。手洗い一つにしても、爪の間の汚れも落として、必ず消毒をします。大変なこともありますが、お客様から喜びの声をいただくと、うれしくて元気が出ます!